2011年10月18日

八女の石灯籠 中尾石材店


福岡県八女市といえば、八女茶ですが他にも有名なものがあります。“八女美人”勿論そうですが、、。(八方美人ではありません、、。)

ほかに、福岡県伝統工芸品八女石灯籠があります。八女の石灯籠は八女石で作られます。

八女石は福岡県八女市山内・上陽町・黒木町一帯で産出する、輝石安山岩質溶結凝灰岩です。

日本庭園に美しさを添える八女石灯篭は、寒さや暑さに強く、風情をかもし出し、石苔が早く
付くのが特徴のようです。


また、手作業でピッチングハンマー、チッパ、仕上げに石ノミで作っていきます。
文字通り手作りです。 職人芸でしょうか、、。

さて、口上が長くなりました。今回は石灯籠ですので、前出しもつい固くなりました。

これから、国道442号線沿いの中尾石材店に取材に行きます。


黒木町に入るトンネルを過ぎると左手にすぐに見えます。


n-1.JPG

n-2.JPG

奥にありました。

n-3.JPG

昔からの作業場で山肌の石を削りとって材料としています。 まさに原料の上に工場がある
のですから、昔から石細工職人の方は賢いですね。  効率的です!!


n-4.JPG

作業現場です。

n-5.JPG

仕事中のようです。手作業ですね。

n-6.JPG

これは、、、。根気がいりますね。

n-7.JPG

さて、有名な八女の石灯籠を拝見しましょう。

形がいいですね、、。

n-8.JPG

たくさんあります。

n-17.JPG

n-9.JPG

これは、、、。 なかなかいいですね!!

n-10.JPG

それもそのはず、店長曰く、『鹿児島県島津武家屋敷に伝わる守護
灯籠(三重ノ塔)で、江戸時代島津家に仕えた石工により作成され
た手作りによる極上細工の三重の塔で、特に瓦の彫刻、龍の彫刻は
鳥肌物で現在は誰も作成していません。』  (制作日数 約4ヶ月)


(以前に作られたものは目利きのある骨董店に密かに保管されてい
るようです、、。)

ここの店長さんが復刻されていました。相場は高いときには、一つ
400万〜450万円したようです。

この価格が気になりましたので、そ〜とこの値段を聞きました。

なんと!! 半分の200万〜250万円のようです。(交渉次第のよう
です、、。)

ちょっと安すぎるのでは、、。私は300万円でもいいのでは、、。と
感じました。

次の作品です。石灯籠だけではありません。

水車小屋です。


n-11.JPG

n-13.JPG

噴水です。

n-14.JPG

n-15.JPG

これは、、。 ぶんぶく茶釜です。

n-16.JPG

これは、、。 ガメラです!!  ち、違います。カメカメさんですね。

n-18.JPG

こちらもそうです。
オフィスのデスクに置いて背中の苔に花をいけると和みますね。八女石は水をすいますので、手入れが簡単!!(よく売れているようです)


n-19.JPG

つぎは、、。 花瓶でしょうか?

n-21.JPG

そうでした。

n-22.JPG

石灯籠はなが〜く持ちます。 時間と共に味が出てくるようです。

n-23.JPG

三世代以上持つと思います。
今の家は二世代持つかどうか、、。家より長持ちしそうです。 経済的ですね。


と、、。考えているときに店長さんから『見せたいものがある!』と言われて、とあるお宅
に伺いました。

こちらのお宅です。


n-25.JPG

玄関です。

n-26.JPG

これかな、、、? 

n-27.JPG

卓上用の石灯籠でしたけど、、。  これもなかなかですが、、。


店長さんが“もっと奥です”の声で奥座敷に行きました。

n-28.JPG

なんだろう?  金色に輝く置物です。

n-29.JPG

これは〜!! 漆と金箔で彩られた、八女石で作られた家紋でした!!

n-30.JPG

見事な作品です。 これはいいですね。

伝え聞くところによると『金色はお金を呼び込む』ということのようですが、、、。
そういえば、巷では金色のネクタイが密かに流行しているようです。

そして、資産家と言えば金の指輪、金時計、金色のネクタイ、金色の財布、金歯かな、、。

家の床の間に金箔と漆の家紋の置物。 

なんだかその家に 『野口英世さん』『樋口一葉さん』、『福澤諭吉さん』がきそうですね。



店長によると要望に応じて全面金箔にできるとのことでした。

全面金箔ですと、やはり『福澤諭吉さん』がこられるような気がしますね、、。


ここの店長さんは、なかなかですね。



ここの店長さんです。ハイ


n-31.JPG


ちょっ〜と違いました。  “ぽんぽこたぬき”でした。

こちらです。(店長さんが気〜悪くしますかね、、)


n-32.JPG


でも、ここだけの話ですが、なんだかよ〜く似ている感じですね。無意識
のうちに自分をモデルにしたのかな、、?

しかし、気のいい、創作意欲のあるかたで、次々と新作品を出されています。

皆さんの意見や要望を聞かれる店長さんです。

国道442号線沿いにありますので、奥八女にこられたとき車で気軽に寄れます。


いつでも、雨ニモマケズ風ニモマケズ、店長代理が迎えてくれます。

n-31.JPG



“中尾石材店”
〒834-1213
住所 福岡県八女市黒木町本分4627-1
電話 0943-22-4830
FAX  0943-22-4506


中尾石材店HP




posted by 事務局 at 13:43| Comment(2) | 黒木町のお店
この記事へのコメント
灯篭見事にできてます。
自分も何か制作してみたい感じです。
八女石手には入りますかね・・?
http://www.mamoru727.com
Posted by 陶人形 at 2013年10月19日 10:37
灯篭見事にできてます。
自分も何か制作してみたい感じです。
八女石手には入りますかね・・?
http://www.mamoru727.com
Posted by 山口 at 2013年10月19日 10:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]